食べる 描く 読む 女

よく食べ、よく描き、ほどほどに読み、たっぷり眠る動物好きなOLの日記

夕飯

f:id:s-wani85:20160615205648j:image
適当に作ったカレー

なぜ適当かというと、「同じ乳酸菌だし、大丈夫だろう」という理由で牛乳を入れ、冷蔵庫でカサカサになりかけの人参をすりおろして入れ、そのうえカレー粉も足りず家中のスパイスをかき集めて作ったカレーだからだ。でも案外美味しくて、カレーの懐の深さにジンとする。二度と再現できない味であることは確かだけど。

家族でもない。友人でもない。恋人でもない。同じ会社という屋根の下に集まった人たちとの関係について、最近よく考える。部署の違いはさて置き、1日8時間以上顔を合わせ、それが5日間。でも決してお互いそれ以上深く知り合うことはない関係性に、歯の奥がムズムズするような気持ちになる。(恋愛関係になれば別だけど。)
私がいまの上司くらいの年齢になったとき、おそらく一緒に仕事はしていないだろう。それが寂しいということではなく、ただ途方もないようで案外近い将来ということに呆然としてしまう…という気持ちの方が大きいのかもしれない。
「緩やかに死んでいく」そんな言葉が合うけど、それが決して悪い響きに感じないのはなぜだろう。疲れてるのかな。